日本語
トップ
日本の伝統工芸品の魅力
オンラインギャラリー
オンラインショップ
コンシェルジュ
Takumi通信
サイトについて
お気に入り
熊野筆
Kumano brushes
熊野筆について

江戸時代の末期、農閑期の副業として、紀州地方(和歌山県)や吉野地方(奈良県)に出稼ぎに行った農民たちが、そこで作られていた筆や硯などを仕入れ、行商をしながら帰郷したのが熊野筆誕生のきっかけ。その後、筆作りを学んだ若者たちがその技術を村人に伝え、熊野での筆作りが始まった。


1872年の学校制度の制定により学校に通う子供が増えると、筆の需要も高まり、生産量も増えていった。戦後、一時、習字教育が途絶え、生産量が低下した時期があったが、画筆や化粧筆などを作り、新たな活路を見出していった。


現在は、国内外でその品質の高さが知られるとともに、毛筆、画筆、化粧筆いずれも全国一の生産量を誇っている。

1975年伝統的工芸品指定
熊野筆 製作者

オンラインギャラリー

もっと見る
暮らしを彩る熊野筆