日本語
トップ
日本の伝統工芸品の魅力
オンラインギャラリー
オンラインショップ
コンシェルジュ
Takumi通信
サイトについて
お気に入り
肥後象がん
Higo inlays
肥後象がんについて

江戸時代、当時の肥後藩主が名匠を招き、刀剣の鐔(つば)や鉄砲の銃身に象がんの技術を用いて装飾を施したのが、肥後象がんの始まり。1870年の廃刀令により、士族などが刀を身につけることが禁止されると、装身具、装飾品などが作られるようになった。


鉄の地に細かい刻み目を入れ、金泊や銀箔を打ち込む「布目象がん」の技法で作られるものが主流で、黒字に映える金銀の装飾は品格を感じさせる。


ペンダントや指輪、ブローチ、ネクタイピンなどの装飾品のほか、象がんで装飾したペーパーナイフ、万年筆、ストラップなどが作られている。2019年に開催された女子ハンドボール世界選手権のメダルには肥後象がんが採用された。

2003年伝統的工芸品指定
肥後象がん 製作者

オンラインギャラリー

もっと見る
暮らしを彩る肥後象がん
◆ TAKUMI 通信 ◆