日本語
トップ
日本の伝統工芸品の魅力
オンラインギャラリー
オンラインショップ
コンシェルジュ
Takumi通信
サイトについて
お気に入り
別府竹細工
Beppu bamboo crafts
別府竹細工について

良質の竹が生育していた別府付近で、室町時代に行商用の篭が作られるようになり、竹細工の生産が本格的になっていった。


江戸時代には、別府温泉を訪れた湯治客が滞在中に使用するための飯篭(めしかご)や笊(ざる)などを生産するようになり、市場が拡大。1902年に別府工業徒弟学校竹籃科が設立され、竹工芸の育成が行われ、別府竹細工の礎が築かれた。


1938年に設立された大分県立竹工芸訓練センターは、日本唯一の竹工芸専門学校として、今も後継者の育成に力を入れている。


主にマダケ、モウソウチクなどを使い、美術工芸品、花籠や盛篭、バッグなどのファッション雑貨、照明などのインテリア雑貨などが生産されている。

1979年伝統的工芸品指定
別府竹細工 製作者

オンラインギャラリー

もっと見る
暮らしを彩る別府竹細工