日本語
トップ
日本の伝統工芸品の魅力
オンラインギャラリー
オンラインショップ
コンシェルジュ
Takumi通信
サイトについて
お気に入り
備前焼
Bizen ware
備前焼について

5世紀頃、朝鮮半島から伝わった須恵器(すえき)が発展したもので、平安時代には生活用品を焼く窯が築かれ、以後、窯、壺、すり鉢などの日用雑器のほか、茶道具も作られるようになった。江戸時代には藩の保護により多くの名品が生まれ、全国に広まった。


備前焼は粘りの強い陶土を使い、約2週間かけゆっくり堅く焼きしめて作られる。釉薬や絵付けを施さず、熱や炎、灰、藁などの影響を受け、窯の中で起こる作用によって自然の装飾が現れるのが魅力。ざらっとした土の温かみや重厚感、素朴な味わいがある。


丈夫で割れにくい、保温性が高い、酒の香りや味が変化する、水をきれいに保てるなど機能性にも優れており、皿、カップ、酒器、花瓶など、さまざまな実用品が生産されている。

1982年伝統的工芸品指定
備前焼 製作者

オンラインギャラリー

もっと見る
暮らしを彩る備前焼
◆ TAKUMI 通信 ◆