日本語
トップ
日本の伝統工芸品の魅力
オンラインギャラリー
オンラインショップ
コンシェルジュ
Takumi通信
サイトについて
お気に入り
代表的な和紙・文具
和紙・文具の作品一覧/購入
和紙・文具について
和紙/文具とは
和紙は、楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)などの植物の繊維を原料とした日本古来から作られている紙。ざらっとした手触りで、耐久性、保存性にたいへん優れている。読み書きにまつわる筆、墨、硯や、計算を補助するためのそろばんは、昔から人々の暮らしや文化に欠かせない文具で、それらは現代にも受け継がれている。
和紙の歴史
7世紀に中国から紙漉きの技術が伝えられ、日本でも紙作りが行われるようになった。当時の紙は非常にもろく、保存性が低かったことから、日本在来の楮の皮の繊維を使ったり、新しい技法を開発するなどの改良を行い、約100年後には薄くても丈夫な紙が作られるようになった。
現代の和紙
書画の用紙、障子紙、照明器具、壁紙、人形やお面作りなど、さまざまな用途で使われている。海外の本や美術品などの修復にも多用されている。
文具の歴史
筆、墨、硯、そろばん等の起源はすべて中国。日本では、筆は8世紀頃から、墨は9世紀頃から、硯は11世紀頃から作られている。仏教の伝来により写経が盛んに行われるようになると、筆の需要も高まり、各地で生産が行われるようになった。その後、仮名などを書くのに適するよう改良が加えられ、さらに読み書きの教育とともに、庶民にも普及していった。そろばんが日本へ伝わったのは、1570年代頃とされる。江戸時代に「和算」という日本独自の数学が発展し、それに伴い、現代に受け継がれる日本式のそろばんが作られるようになった。
現代の文具
筆、墨、硯は、書画を学んだり、楽しんだりする人々に愛用されている。そろばんは、現在でも授業や教室、使い方を学ぶ場があり、計算を助ける道具として一部で活用されている。
伝統的工芸品指定の和紙・文具 和紙・文具について
内山紙 越中和紙 美濃和紙 越前和紙 因州和紙 石州和紙 阿波和紙 大洲和紙 土佐和紙 豊橋筆 播州そろばん 奈良筆 雲州そろばん 川尻筆 
暮らしを彩る和紙・文具