日本語
トップ
日本の伝統工芸品の魅力
オンラインギャラリー
オンラインショップ
コンシェルジュ
Takumi通信
サイトについて
お気に入り
代表的な織物・染色品
織物・染色品の作品一覧/購入
織物・染色品について
織物/染色品/その他の繊維製品とは
染めた糸を織る「先染め」の方法で作られた布を織物と呼ぶ。糸を縦横に組み合わせて作る。糸の素材、染め方、織り方などにより、さまざまな色柄、風合いの生地に仕上がる。また、織った生地を染める「後染め」の方法で作られた布を染色品と呼ぶ。その他、衣装や武具にあしらう組紐や刺繍などの繊維製品が、今日に伝統を受け継いでいる。
織物の歴史
日本では長らく麻素材の繊維を利用してきたが、2000年ほど前、中国からの渡来人によって養蚕や絹織物の技術が伝えられたと言われている。その技術は日本各地で発展を遂げ、平安時代には、日本独自の紋様の織物が見られるようになった。16世紀末頃から綿織物が普及し、当初は主に軍用の兵衣などに活用されていたが、徐々に庶民の生活に定着していった。
現代の織物
手織りから大型の機械などを使った織物が主流となった。着物、日常着、小物などのほか、多種多様な織物が作られている。
染色品の歴史
7世紀ごろ、仏教の伝来とともに中国や朝鮮から染色の技術が伝えられた。紅花、日本茜、蓼藍などの植物から抽出した色素を、媒染材を用いて定着させ、型紙と防染糊を使い布地に模様をつけながら染める方法、筆や刷毛などで布地に直接絵柄を描く方法など、日本各地で、日本独特の染料や技術が発達した。
現代の染色品
近代になってヨーロッパから人造染料が輸入されるようになり、現在流通している糸・生地の99%以上は、人造染料によるものとなっている。
伝統的工芸品指定の織物・染色品 織物・染色品について
二風谷アツトウシ 置賜紬 羽越しな布 奥会津昭和からむし織 結城紬 伊勢崎絣 桐生織 秩父銘仙 村山大島紬 本場黄八丈 多摩織 塩沢紬 小千谷縮 小千谷紬 本塩沢 十日町絣 十日町明石ちぢみ 信州紬 牛首紬 近江上布 西陣織 弓浜絣 阿波正藍しじら織 博多織 久留米絣 本場大島紬 久米島紬 宮古上布 読谷山花織 読谷山ミンサー 琉球絣 首里織 与那国織 喜如嘉の芭蕉布 八重山ミンサー 八重山上布 知花花織 南風原花織 東京染小紋 東京無地染 加賀友禅 有松・鳴海絞 名古屋友禅 名古屋黒紋付染 京鹿の子絞 京友禅 京小紋 京黒紋付染 浪華本染め 琉球びんがた 行田足袋 加賀繍 伊賀くみひも 京繍 京くみひも 
暮らしを彩る織物・染色品