日本語
トップ
日本の伝統工芸品の魅力
オンラインギャラリー
オンラインショップ
コンシェルジュ
Takumi通信
サイトについて
お気に入り
代表的な金工品
金工品の作品一覧/購入
金工品について
金工品とは
金、銀、鉄、銅、錫などの金属を加工してできる工芸品。主に、叩いて加工する「鍛金」、溶かした金属を型に流して固める「鋳金」、鏨(たがね)で彫刻する「彫金」の3つの技法が用いられる。素材ごとの艶や質感の違い、月日の経過、使い込むことなどによって、さまざまな色合い、風合いが楽しめる。
金工品の歴史
中国や朝鮮の大陸から伝わった技法をもとに、弥生時代から銅剣や馬具などが作られていたが、仏教の隆盛とともに寺院の建造や仏像、仏具などの製作が盛んになり、金工の技術も発達。やがて、茶道具や日本刀、鎧などの武具、装飾品など、さまざまな製品が作られるようになった。
現代の金工品
神仏具、置物、花器や刃物などの日用品、装飾品などのほか、文具やインテリアなど、製品は多岐にわたる。硬くて切れ味の鋭い日本の刃物は、近年、世界から熱い注目を集めている。
伝統的工芸品指定の金工品 金工品について
千葉工匠具 東京アンチモ二ー工芸品 燕鎚起銅器 越後与板打刃物 越後三条打刃物 信州打刃物 越前打刃物 堺打刃物 播州三木打刃物 土佐打刃物 
暮らしを彩る金工品
◆ TAKUMI 通信 ◆