日本語
トップ
日本の伝統工芸品の魅力
オンラインギャラリー
オンラインショップ
コンシェルジュ
Takumi通信
サイトについて
お気に入り
代表的な漆器
漆器の作品一覧/購入
漆器について
漆器とは
漆の木から採れる樹液を、加工した木の素地に塗って作る器や道具。塗料と接着の役割を果たし、塗り重ねることで強度が増す。熱、酸、アルカリ、アルコールなどに強い漆の性質により、漆器は丈夫で長持ちする。
漆器の歴史
漆塗りの歴史は古く、縄文時代の出土品から漆を施した装飾品などが見つかっている。その後も、時代の移り変わりとともに多くの技法が確立され、仏具、建造物、装飾品、武具、茶器等さまざまな漆塗りが生み出されていった。蒔絵や螺鈿による模様が描かれたものは、とくにヨーロッパの人々を魅了し、15世紀以降は西洋の調度品にあつらえた工芸品の貿易も盛んになった。江戸時代には、日用雑貨も多く作られるようになった。
現代の漆器
箸、お椀、茶托、盆など、漆器は今も日本人の生活に密着している。1998年に開催された長野冬季オリンピックのメダルの素材にも漆が使われており、漆器は日本文化を象徴する工芸品となっている。
伝統的工芸品指定の漆器 漆器について
浄法寺塗 鳴子漆器 秀衡塗 小田原漆器 村上木彫堆朱 新潟漆器 木曽漆器 高岡漆器 輪島塗 山中漆器 金沢漆器 飛騨春慶 若狭塗 京漆器 紀州漆器 大内塗 香川漆器 琉球漆器 
暮らしを彩る漆器
◆ TAKUMI 通信 ◆