日本語
トップ
日本の伝統工芸品の魅力
オンラインギャラリー
オンラインショップ
コンシェルジュ
Takumi通信
サイトについて
お気に入り
代表的な陶磁器
陶磁器の作品一覧/購入
陶磁器について
陶磁器とは
焼物のうち、粘土を原料にした「陶器」と、陶石を粉砕した粉を原料にした「磁器」の総称。陶器は厚みと重さがあって透明感がなく軟硬質、素朴な風合い。磁器は薄くて軽く透明感があって硬質、洗練された印象。どちらも釉薬を使う。
陶磁器の歴史
5世紀頃、朝鮮からの伝来で、ろくろや窯を使った焼き物が作られるようになった。以後、釉薬の使用や茶の湯文化に伴い日本の陶器作りは発展していった。磁器が焼かれるようになったのは江戸時代(1603~1867年)に入ってから。
現代の陶磁器
日本各地で、特色ある酒器、茶器、日用食器、花器、美術品などが作られている。鎌倉時代(1185~1333年)から今もなお生産を続ける代表的な6つの窯(備前・瀬戸・常滑・越前・丹波・信楽)は「六古窯(ろっこよう)」と呼ばれており、2017年に日本遺産に登録された。
伝統的工芸品指定の陶磁器 陶磁器について
大堀相馬焼 美濃焼 会津本郷焼 赤津焼 瀬戸染付焼 三州鬼瓦工芸品 四日市萬古焼 伊賀焼 越前焼 信楽焼 京焼・清水焼 丹波立杭焼 出石焼 石見焼 萩焼 大谷焼 砥部焼 小石原焼 上野焼 三川内焼 波佐見焼 小代焼 天草陶磁器 薩摩焼 壺屋焼 
暮らしを彩る陶磁器
◆ TAKUMI 通信 ◆